くしゃみを止めるのは良くないんです!これは知らない方がかなり多いみたいですが、気を付けなければいけません☆

くしゃみはいきなり出てしまう…。
仕事中や電車の中など、出来ればしゃみは避けたいタイミングに、鼻をつまんだり口を閉じたりしてくしゃみを無理に止めている方多いのではないですか?
知らない方が多いみたいですが、その行為…あまり良くないと言われています。

何の前触れもなく突然やってくる…くしゃみ

くしゃみは前触れなくいきなり起こるのでなかなか止めれませんし、場所をわきまえる事が難しいです。

職場や学校など公共の場でくしゃみが止まらず、周囲に嫌な顔をされた事有る方は意外と多いのではないですか?

くしゃみを静かな所でしてしまえば他の人に迷惑ですし、自分も恥ずかしい思いをする事になってしまいます。

たまに、器用にくしゃみを止める人もいます。
そもそもくしゃみってなんで出るのか知ってますか?

基本的にくしゃみが出るという事は、体内のウイルスやホコリなどといった異物を吐き出す為の反射的な現象なんです。

呼吸によって酸素を取り入れる際、空気中に含まれているチリやゴミなども一緒に体の中に入り込んできます。

鼻の奥にある粘膜に細菌やウイルスなど外的刺激物が接触した時にそれが体内に侵入してこない様にする為に空気と一緒に吹き飛ばしているのがくしゃみです。

くしゃみを止めるのは危険な行為?
ウイルスが体内に蓄積する.。

数々の研究の結果、排出されるべき空気を排出させないという事は、健康に害を与える事が有るという事がわかっています。

くしゃみを我慢する事でウイルスなどが体に留まってしまう。

風邪の症状やアレルギーの症状が悪化する可能性がありますし、病原菌が中耳や気管などに入り込むと、感染症を引き起こす可能性があります。

内臓などを傷つける危険も十分考えられます!
くしゃみを我慢すると、呼吸器にかなりの圧力がかかります。

くしゃみの圧力で鼓膜を内側から傷つける危険性も有るほどです。

くしゃみを止める事で鼓膜が破れたり、呼吸器系に異物が蓄積されるという様な事も有る。

腰を痛めたり骨折してしまうケースも…
ハックション!と勢いよくくしゃみをすると体全身に衝撃が走り、その瞬間に勢いあまって腰がグキっとなって痛めてしまう事もございます。

くしゃみは大きな力を持っています。
くしゃみを我慢すると、その大きな力が身体の中へ向かってしまう事になります。

その結果、ひどい場合には、肋骨を骨折したり、鼓膜を損傷したり、ぎっくり腰になる方も少なくありません。

無理に我慢せずくしゃみをした方が良さそうです。
この様な問題を防ぐ為には、出来るだけ我慢をしない事が大切です。

くしゃみは、体の作り上必ず必要な運動になるので、無理に我慢せずに出る時にははっきりと出す事が1番大事ですね。

 

 

ストレス発散

イラッとしたら、「努力の必要なし」のこのリラックス法を。
Share
Tweet
LINE
世の中にはたくさんの「ストレス解消法」というものがあるんだけど、その多くは時間がかかったり、コストがかかったり。むしろ、それを実践しようと頑張ることが疲れの原因になるような…。

「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大のポイントは、どれも大した努力をせずに今すぐできるということ。

ただし、期待のしすぎがイライラの元になると思うので、ストレスをなくす絶対の方法ではないということを頭に入れて読んでいただければと。


仕事や友人関係、それに恋愛でストレスを感じてそのまま解消せずに放っておくと、不満はどんどん溜まっていくもの。これは、悪循環の原因となります。

そうはいっても、すでにいろんなストレス解消法を試してみた。でも、どれもイマイチ効果がなかったという人へ。ちょっと変わった方法ですが、試してみる価値がある「ストレス解消法」はまだあるんですよ。

ストレスは自分を衰弱させるものであることは、間違いありません。たとえ学生であっても、社会人であっても。いろいろな場所を旅して美しい写真をインスタグラムで投稿している人であっても関係なく、誰もがストレスを抱えているのです。

大事なことは、自分でストレス発散しようとしているのかどうかです。そして、どのような方法でストレスを解消しようとしているのかということ。簡単でお金もいらない、短い時間でストレスを軽減させる方法はいくらでもあります。

ジムに通って高いお金を費やす必要もないし、友達に愚痴を聞いてもらう必要だってないんです。もちろん、その方法を望んでいるのならば、話は別ですが。いつもと違った新しい方法でストレス発散させたいと考えている人に、とっておきの11の方法を今から紹介していきます。

01.
“偽りの笑顔”が幸福を呼ぶ

心から笑えるまで、ひたすら笑顔を作りましょう。一般的には、無理やり感情を作ることは、良いことではないとされています。

ある研究によると、たとえ本心ではおもしろくないと思っていても、「作り笑い」を続けることで、脳が幸福感を覚えるようになるとのこと。これは、短い時間で緊張をほぐすことができるし、自分だけではなく周りにも良い影響を与える可能性があります。

02.
親指を吸って、
赤ちゃんの頃の安心感を
この方法を知ったとき、私はすぐに試してみました。そしたら、本当に安心感が。

空気をなくすように親指を吸うことで、心拍数を下げて血圧を低下させる役割を果たすと言われる迷走神経が活性化されるらしいのです。仕事中やちょっと空いた時間になど、人に見つからないように隠れて。こっそりと、ストレス解消法を試してみるのも良いと思います。

03.
恥ずかしがり屋なら、
親指に冷たい空気をフ??ッ。
もし、「02.」の方法が難しいのであれば、もっと控えめな方法を。

実は、親指に冷たい空気をそっと吹きかけるだけでもストレス軽減に繋がるのです。なぜかというと、親指にも脈があるので、吹きかけることで脈を遅くすることが可能なのだと。これにより、ちょっと落ち着くことができるみたいです。

04.
ガムを噛んで、
すぐに心を落ち着かせる

ストレスを感じてしまう状況にあるときならガムを噛むこと。不安な気持ちを落ち着かせることができ、前向きな気持ちになれるのです。

仕事中にガムを噛むことは、時と場合によってあまり良い印象を与えません。だから、難しいという人もいる思います。でも、友達といるとき、一人でいるときにでも、気兼ねなく試せる方法。

05.
頭を空っぽにして、
「フラクタル」を見つめる
簡単に説明すると、「フラクタル」とは花びらや蜘蛛の巣のカタチのように、自然界で発見できるパターン化されたもののこと。

海に行って波をぼーっと眺めてみたり、空から降る雪を眺めてみたり。Peter Lambrou博士によれば、こうするだけでストレスを最大60%減らす効果があるのだとか。さらに、フラクタルを探すことには他にも良いことがあります。たとえば、通勤の途中で、公園をあえて通るようにしたとき、ちょっとした“幸せな出来事”に気づくなんてことも。

06.
いつもより意識して、
息を吸って?吐いて?

これはありきたりなことと、思われるかもしれません。が、深呼吸がもたらす効果を意識してしないと意味がありません。深呼吸は正しく行うことで健康にもいいらしいのです。

まずは、呼吸をゆっくりと、次に肺が限界まで膨らむまで息を吸い込む。そして、ゆっくり息を吐き出します。これを意識して深呼吸をすることで、心拍数を下げ、さらにストレスを発散するために、副交感神経系を活性化させることもできるようなのです。

07.
イラっとしないように、
周りに植物を置いておく
植物に囲まれて生活することで、緊張を和らげることができます。

ワシントン州立大学の研究によると、オフィスに植物を置いておくことで、短時間で血圧をを下げて、仕事の生産性向上に繋がる効果があるとのこと。

08.
指の関節と関節の
「間」をプッシュ
指の第二関節と第三関節の間を押すこと。これをとても特殊な方法に思う人もいるかもしれません。でも、心理学者のSharon Melnickの『Success Under Stress』によると、効果が期待できることのようです。

こうすることで、ストレスによるソワソワした不安な気持ちを和らげることができるのだとか。

09.
ちょっと時間が空いたら、
ヨガで身も心もリラックス

たとえヨガをするために1時間も費やすことができなくても、短い時間でリラックスできる方法はあります。

簡単なヨガポーズは家で数分から数十分でできて、カラダを活性化させることも。さらに、深呼吸のように呼吸法も意識すれば、リラックスできるでしょう。

10.
とりあえず、緑茶を飲む
緑茶には、テアニンというカフェインの作用を弱めるアミノ酸の一種を含んでいます。カフェインは心拍数を上げて、ストレス反応を強めることも。

不安を感じたら、緑茶を飲んで落ち着きましょう。

11.
「ちょっとだけ」でもいいから、
家事や身の回りのことをする

普段からやり慣れていることをするのは、ストレスを軽減するのにとても良い方法です。もし、何か精神的に追い込まれるようなことがあるのなら、気を紛らわすために家事を。例えば、キッチンを掃除したり、ゴミ捨てに行ったり。とにかく、身の回りを整えるようにしましょう。

職場にいるときなら、ランチ休憩を使ってちょっとした用事や買い物など。トイレに行くために外に出るのも良いと思います。小さなことでもカラダを動かすことを意識すれば、心を落ち着かせるきっかけになるからです。

 

 

辛い風邪を早く治すには…方法をお教えします!長引く前にまず対策を!

風邪が流行ってきてますよね。
風邪を引いてしまったら、一日でも早く風邪を治したい。
そんな時に風邪を早く治す方法を教えます。

長引く風邪は本当に辛い…

風邪の症状は辛いですよね。
寒くなりはじめる時期は特に体調を崩しやすいです

風邪を早く治す方法を試そう!
辛い風邪は長引く前に早く治すべき!
風邪に効果が有るかもしれない方法をまとめてみました。
風邪で辛い方は試してみてください。

体を温める
まずは体を温めましょう。
ただし温めすぎには注意して下さい!

体温を上げる事によって免疫力が上がるのは有名だけど36.5℃と37.5℃で免疫能力が5倍〜6倍も違うという実験データも有ります

風邪を引いて寒気がする時など、早めに、背中にカイロを貼れば、1日もしない内に体が元気な状態に戻りますよ。

ビタミンCを摂る
ビタミンCには風邪の治りを早める効果も有る事をご存知ですか?
しっかり摂取しましょう。

ビタミンCの1日の必要量は100?と言われてますが、風邪を早く治したい場合は2,000?〜3000?程度を取る事をオススメします。

体内にウイルスや菌が侵入した時に、真っ先に白血球がかけつけ、ウイルスや菌と戦い、駆除しようとしてくれます。
風邪を引いた時に、積極的にビタミンCを摂取する事で、白血球の働きを助ける効果が有ると言われています。

水分を補給は大切に!
特に熱が有る時は水分を取ると取らないでは全然違います!
水分補給をする事で風邪の症状を和らげる効果も有るので体調を崩したらしっかり水分は取りましょう。

風邪を引いている時に、体が水分不足の状態になると、ウイルスの侵入を防ぐ為に活発に活動している気道粘膜や細網運動の働きが低下し、風邪の症状が長引く事になってしまいます。

水やポカリスエットなどのスポーツドリンクをこまめに飲む事が大切になってきます。

葛根湯を飲む
風邪薬といえば葛根湯がかなり効果的。
葛根湯って聞いた事有りますか?
葛根湯は、日本で販売されている風邪薬としては、唯一、風邪を早く治す効果がある薬として多くの方に知られています。

葛根湯には、体温を上げる効果が有るので、外部から侵入したウイルス、菌を弱らせて、汗をかきやすくし、体温を下げるという凄い働きが有ります。

睡眠は大切にしましょう。
病気を治す最も簡単な方法は睡眠です。
休む時間を大切にし、しっかり眠りましょう。
ちゃんと休む事が1番大事です。

一般的に、睡眠時間が少ない方は風邪を引きやすくなり、十分な睡眠を取っている方は体調を崩しづらくなっているようです。
ですから、風邪を引いた時は、早めに寝るのが1番簡単な方法になります。

風邪の予防には、普段から十分な睡眠を取る事が大事ですが、風邪の引き始めは普段より長めの睡眠を取る事が回復へ繋がります。

さっと治して元気になりましょう!
風邪を引いたかな?と思ったら、早めの対処で苦しまずに済む様にするのがベスト!
紹介した方法を試してもらえると今までとは違うと思います。
酷い様なら病院へ行きましょう!!

 

 

大丈夫??その習慣がくさ〜い体臭の原因かも!!直ぐ治せる体臭の原因と治し方をレクチャー!!

男女問わず不快な体臭の匂いは嫌ですよね。
不規則な生活やストレス、食生活の乱れ、ダイエット、疲労などでも体臭の原因になってしまうんです。

では、なぜ体臭は出てしまうのでしょうか?
もしかしたらあなたも臭いかも…

体臭の原因…食べ物が体臭をキツくする

肉や乳製品に含まれている動物性脂肪は、皮脂の分泌が多くなる為、臭い発生のリスクが高まる。
また、唐辛子を使った料理は体を温めてくれる半面、交感神経を刺激して汗の分泌を高める効果が…
更にアポクリン腺を刺激するので臭いの強い汗が出やすく、一時的に臭くなる事も有ります。

便秘…数日に1回しかお通じがない方は、それが当たり前だと思うかも知れませんが、便秘が続くと腸内では便の発酵が進んでしまう為、その臭いが口や汗から体臭として放出されてしまいます。

タバコやアルコールの摂取も原因です。
お酒、アルコールの成分は きっちり消化されない場合、汗として出てくるようです。
毛穴からも 臭いは出てくるなんて怖いですね。

タバコやアルコールを摂取すると、体温を調節する中枢神経が刺激を受けて汗をかきやすくなったり、血中に溶け出した成分が体中を回る為、汗と一緒にその臭いが放出されることから、体臭がキツくなると言われています。

運動不足…運動不足で代謝が落ちている人が急に運動をすると、筋肉中の乳酸が作られすぎてしまい、汗腺の中にアンモニアを大量に分泌してしまいます。
そのアンモニア臭の汗はアルカリ性なので、細菌が繁殖しやすく、キツイ臭いの汗が出てきてしまうんですね。

真夏にエアコンの効いた部屋で長時間過ごすなど、汗をあまりかかない生活を続けていると、汗腺の働きが悪くなり汗をかきにくくなってしまいます。

汗には体内の老廃物を排出する役割が有る為、汚れが溜まりやすくなり、それがキツイ臭いの原因となる場合が有ります。

普段から汗をかく人の場合は再吸収機能が活発に働いている為サラサラした綺麗な汗なのに対し汗をかく習慣のない人はベタベタした濃度の高い汗となります。

ストレスを溜めている人は気を付けて下さい。
ストレスを 知らず知らずのうちに 溜め込んでしまうと 活性酸素を増やしてしまい 身体に 悪影響を及ぼしてしまうのでストレス発散は大切になってきます。

体臭を防ぐには…食べ物で体臭を抑えましょう。

腸のデトックス…果物や海藻類などに多い水溶性食物繊維は、腸内環境を整え、便通を促します。
根菜類やキノコ系、豆系に多い不溶性食物繊維は、便のカサを増やして腸を刺激してくれます。

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、野菜や果物に多く含まれるビタミンC、ナッツ類や魚卵類、緑茶に多く含まれるビタミンEは、活性酸素と闘ってくれるビタミンです。
それから、ブルーベリーのアントシアニン、ホウレンソウのルティン、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボンなど、ポリフェノール類の抗酸化作用もかなり強力です。

レモンや梅干しなど酸っぱい物には、クエン酸が多く入っています。
クエン酸は肉類などのたんぱく質を分解する働きが有る為、汗とともに出るアンモニア臭などをしっかり押さえてくれます。

大豆製品…納豆やきなこなどには食物繊維だけではなく、良質のたんぱく質が含まれています。
更に大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモン様の働きが有る為、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が有ります。

次に入浴…入浴でしっかり汗をかき、汗腺の老廃物を常に排出しておく。
毎日きっちり汗をかく事で、汗腺の老廃物を排出し、汗腺の通りをスッキリさせると、サラサラした汗がかけるようになります。

毎日入浴する事で、体を清潔に保ち、体臭の発生を抑える事は確実に出来ます。
体臭の原因は汗そのものではなく、汗、皮脂、垢が混ざった物をエサとする雑菌が繁殖する事が原因なんです。
つまりこの雑菌を減らす事が出来れば体臭は改善出来ることでしょう。

お風呂はシャワーだけで済ませずに湯船に浸かるのがポイント。
湯船に浸かる事で血行が良くなり疲れを取り、凝りを解して バイ菌と疲労を溜めないようにしましょう。

お通じを良くする事も大切!
腸内環境を整えるには老廃物と一緒に臭い物質も外に出せるように便秘を解消しましょう。
便通が悪くなると代謝が悪くなり老廃物を出す力が低下してしまいます。

 

 

熱中症の予防・対策

対策1

1.水分をまめに取ろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

2.塩分を程よく摂ろう。

過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

3.睡眠環境を快適に保とう。

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

4.丈夫な体を作ろう。

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

対策2

1日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう

暑さは日々の生活の中の工夫や心がけでやわらげることができます。適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、衣服を工夫することで、熱中症の危険を避けやすくなります。また、日よけをして直射日光を避けましょう。自分のいる環境の熱中症危険度を常に気にする習慣をつけることも重要です。

1.「気温と湿度を」いつも気にしよう。

いま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

2.室内を」涼しくしよう。

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

3.「衣服を」工夫しよう。

衣服を工夫して暑さを調整しましょう。衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

4.「日ざしを」よけよう。

ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。

5.「冷却グッズを」身につけよう。

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。毎日の生活で使えるものから夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、さまざまなグッズがあります。ちなみに、首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

対策3

特に注意が必要なシーンや場所で、
暑さから身を守るアクションを

1.「飲み物を」持ち歩こう。

出かけるときは水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、気づいたときにすぐ水分補給できるようにしましょう。

2.「休憩を」こまめにとろう

暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

3.「熱中症指数を」気にしよう

携帯型熱中症計やテレビ、Webなどで公開されている熱中症指数で、熱中症の危険度を気にしましょう。